アメジストドームの浄化方法と手入れについて

この記事の内容をざっくり言うと…
  • アメジストドームも浄化が必要
  • 浄化方法は「セージ」「月光浴」「流水」
  • 定期的にお手入れして気の良い状態を保とう

パワーストーン最高峰のアメジストドームは、それ自体に強力なパワーがあり、空間のエネルギーを変えてしまうだけの力があります。

風水的にもアメジストドームが使われることもあり、風水で良いとされる龍脈(龍の道)を作るために玄関にアメジストドームを置くこともあります。

そんなアメジストドームのエネルギーを最大限に発揮させるためには、他のパワーストーンと同じように定期的な浄化と日頃からのお手入れを行う方が望ましいです。

今回はアメジストドームの浄化方法と日常のお手入れ方法について解説していきます。

アメジストドームも浄化が必要!

結論から言うと、アメジストドームも浄化が必要です。

アメジストドームの洞の中にパワーストーンブレスレットを入れて浄化したり、ドームが空間を浄化してくれる効果があることから、

「ドーム自体は浄化しなくていいのか?」

とご質問をいただくことも多いですが、アメジストドームも天然石の一つと考えると、浄化をするに越したことはありません。

アメジストドームやクラスターのように原石に近いものは、ブレスレットなどの加工品に比べて外部からのエネルギーを受け取りにくいと言われていますが、浄化をすることで石の状態をナチュラルにすることができ、本来のエネルギーを発揮しやすくなります。

浄化の方法や注意点などはこのあと解説していきます。

ちなみに、天然石の中で“浄化しなくても良い”とされているのは、「水晶クラスター」ぐらいだと思っていただければ良いでしょう。水晶クラスターは自浄作用があるとされているので、特別に浄化をしなくても大丈夫です。

アメジストドーム浄化の注意点

アメジストドームを浄化するときの注意点として、アメジストドームはサイズが大きくて重かったり、特殊な形状をしていたりと、手軽に取り扱えるものではないと思います。

専門店もアメジストドームの発送にはとても気を使います。値段が高く一点ものですので、破損などが無いように慎重に扱いましょう。

また、アメジストは紫外線に弱く、日光を当てすぎると綺麗なアメジストの紫の色が褪せてしまうことがあります。パワーストーンの浄化として日光浴はおすすめですが、アメジストドームでは控えた方が無難でしょう。

アメジストドームの浄化方法

アメジストドーム

上質なウルグアイ産アメジストドーム

先にお伝えしたように、アメジストドームは取り扱いに注意が必要なこともありますが、その中でも浄化方法としておすすめするのは、

  • ホワイトセージ
  • 月光浴
  • 流水

こちらの3つです。

ホワイトセージ

ホワイトセージの煙をたいて、その煙をドームに当てることで浄化する方法です。ドームは大きいものが多く何かと動かせないこともあると思いますが、ホワイトセージ自体を持ち運び浄化することができるので、ドームなどの大きな天然石にはおすすめな浄化方法です。

月光浴

月明かりを当てることで浄化する方法です。特に満月の月明かりに当てると浄化作用が大きいと言われています。

満月は約1ヶ月に1回のペースでやってくるので、定期的な浄化としてわかりやすいですし、自分自身で用意する物もなく手軽なのでおすすめです。

流水

アメジストは水と相性が良くて、水に濡らすと波動が高くなると言われています。とはいえ、比較的大きなアメジストを流水に当てるのは物理的に難しい場合がありますので、その場合は霧吹きで水に濡らしてあげるだけでも浄化効果はあります。

水に濡らしたあとはタオルなどで優しく拭き上げてください。水が残ったままだとドーム内部に水が染み込んで劣化の原因になる場合があります。

アメジストドームの浄化と日頃の手入れとの違いは?

アメジストドームに限らず、天然石の置物は浄化に加えて「日頃の手入れ」も行いましょう。

浄化と手入れの違いをざっくりというと…

浄化:天然石のエネルギー状態を整える(パワーストーン的)

手入れ:ものとして綺麗な状態を保つ(鉱物的)

このような違いがあります。

アメジストドームを「オブジェ」として考えていただければわかりやすいと思いますが、オブジェを玄関などに置いていると自然とほこりや汚れが着いてしまいます。

特に、ドームは洞があるので洞の中にホコリがたまりやすく見た目の印象も悪くなってしまいがちです。

また、手入れが行き届いていない汚れてしまっている天然石は、エネルギー的にも落ちてしまうので、手入れをすることが結果的に浄化にも繋がっているということも覚えておくと良いでしょう。

アメジストドームの手入れの方法と注意点

水はOK!ただし水圧に気を付ける

アメジスト自体は水に濡らしても問題ありませんが、ドームの場合は母石があったり結晶がぐらついていることもあると思うので、ドームの形が壊れないように水洗いの水圧には注意しましょう。

水道水や弱いシャワーを当てる程度でしたら問題ないことが多いですが、稀にドームの裏がしっかりと加工されておらず水に濡れるとボロボロと崩れてしまうこともあります。

また、水圧が強すぎるとドーム内部の結晶がポロっと取れてしまうこともあります。

日頃から手入れをしていればドーム内部が過度に汚れることもないと思いますので、内部が綺麗な場合は霧吹きで水を吹いてタオルで優しく拭きあげる程度でも大丈夫です。

ドーム内部はハケなどでホコリを払う

ドーム内部は細かい結晶がぎっしり詰まっており、その隙間にホコリが入りがちなので、毛が柔かいハケなどを使って優しく掃いてあげましょう。毛が硬いと結晶に傷が着いてしまう原因になります。

また、手が届きにくいところや奥まったところの汚れを取ろうとして強引に掃き出したり、圧力を加えると結晶が取れてしまうこともあるので注意しましょう。

持ち運びに注意!

アメジストドームは大きくて重いものもあり、なかなか持ち運びすることができないものもあります。

ドームの手入れは重要ですが、それにより破損することは避けたいので、あまりに重い場合は無理に手入れをする必要はありません。濡らしたタオルで拭くなど、できる範囲で手入れをしていきましょう。

小型サイズのアメジストドームで浄化もお手入れも手軽に!

日本は国土が狭いことから、一つひとつの家が欧米に比べると小さいため、家に置けるアメジストドームのサイズも限られてしまいます。

私たちみかどは、そのような日本の住宅事情を考慮してアメジストの仕入れを行っており、ドームに関しても、下駄箱の上に置けるサイズ感のものや、カウンターや棚の上に置けるサイズ感のものなど、小型サイズのドームを重点的に取り揃えております。

その中の一部をご紹介します。

ウルグアイ産アメジストドーム ミニサイズ 1.9kg 高品質 台座付き